ピアノの練習を電子ピアノで行うときの注意点

>

川崎市多摩区の堰ピアノ教室です。

今日は、電子ピアノで練習を行うときの注意点について。

電子ピアノはグランドピアノに近い感覚を味わえるので練習などの際に用いられることが多いです。

しかし、いくつか注意点を押さえておく必要があります。その1つ目は鍵盤の数です。

グランドピアノの場合は88鍵ありますが、電子ピアノの場合は少し少ない可能性もあります。

全ての鍵盤を使わないと弾けない曲は多くありませんが、念のため同じ数になっている物を選ぶことをお勧めします。

また、幅についても出来れば同じ幅のものを選んでおけば違和感なく弾ける可能性が高まります。

鍵盤が足りていてもすぐに決定してはいけません。

次に重要となっているのがペダルです。

アコースティックピアノには右側にダンパーペダル、左側にソフトペダルがあります。

この2つのペダルを使って演奏する曲が非常に多く、電子ピアノを購入する際のポイントになります。

ペダルの中には可動式のものがあります。これは慣れている方にとっては使いやすい場合もありますが、慣れないうちは踏んでいる間にあちこちにずれてしまうこともあるなど、なかなか扱いの難しいペダルとなっています。

基本的には固定の物をお勧めします。

電子ピアノとアコースティックピアノの最大の違いとされているのが弾いたときの重さです。電子のものの場合はペダルなどが軽く感じられてしまい、いざアコースティックのものを弾いたときに違和感があるかもしれません。

そのため、アコースティックのペダルを踏ませてもらって感覚を知っておくことをお勧めします。

音についても大きな違いがあります。

ピアノは自分で演奏している音を聴きつつ、曲を表現していくことが重要となります。

電子の力でかなり高い水準まで再現されているとはいえ、大きく異なっていると感じる可能性があります。

とはいえ、最近は技術水準が大きく高まっているので家で演奏する楽器としては十分な性能となっています。高額な楽器を家に置くことは容易ではありません。

このような形で楽器が使いやすい環境が整えられていることは良いことといえるでしょう。

どちらかというとハードルが高めであった楽器も練習しやすくなっています。夜に練習する際に音をなくせるのも利便性の上昇に繋がります。

電子の楽器を使う際には使用感が異なることを踏まえることで、効率的な練習に繋げていくことが出来ます。

それぞれの楽器の良さを生かすことが出来れば、楽しい演奏がより行いやすくなることもあります。

電子ピアノもおすすめ出来ます。

By

無料体験レッスンのご案内

久地・堰ピアノ教室へ入会を検討される方は、体験レッスンをどうぞ。
体験レッスンのご予約はページ下部で24時間承っております。


初めてピアノを習う方 へ
特に準備していただくものはありませんが、レッスン時に何かご希望がある際はお知らせください。


ピアノの経験がある方へ
以前のお教室で使われていた曲、今弾きたい曲などをお持ちください。上手に弾けなくても大丈夫です。
体験レッスンのお申し込みは以下からどうぞ。
ご予約後、こちらから教室の住所(久地駅徒歩10分程度)などご連絡させていただきます。

announceimg