ピアノを弾くのは指の先!指の形や爪に注意

>

川崎市多摩区の堰ピアノ教室です。

ピアノを弾くうえで指の形を整えることは非常に重要です。

一般的にピアノを弾く場合には、ひじから指の付け根の関節まではほぼ水平になっていることが基本です。

時々手首を下げて手のひらで鍵盤を覆うようなイメージで、さらにはほとんど伸ばした状態で腹を使って弾く人も見られます。

腹を使うことで音色を柔らかくさせるのは弾き分けるうえでも大切なことではありますが、爪に近い先を使うことによってさまざまな音色を得られ、基本的には先を使う弾き方が求められます。

指先を使うためには、指を丸めて形をつくらなければなりません。

そのためには手首が上がりすぎていても、反対に下がりすぎていても上手にはできません。

丸め続けるためにはある程度の筋力も必要であり、肩から手首までは力を抜く必要があります。

これらがマスターできていなければ、最初は良いものの、少しずつ難しい曲に挑戦していた時に弾きにくくなり、弾けないなどの壁にぶつかる可能性があります。

様々な曲で引き分けるためには、丸めて先の方で弾くこと、そして伸ばして腹の部分で弾く二つの技術が必要となります。

特に初心者の場合には初めに軽く丸めて先の方で弾くことを身につけるべきです。

伸ばして腹で弾く方法ばかりになってしまうと、鍵盤を押すスピードも遅くなってしまいます。

先で弾くよりも音の正確さや機敏性も劣ってしまうことでしょう。

丸めている場合はすばやくうごいてはっきりとした音を出すことができますが、伸ばしている場合には早く出そうとした場合には余分な力が必要となり、あたる面が大きくなることから疲れてしまいます。

このことから鍵盤を押すスピードがはやければ衝撃も大きくなって、音も大きくなり、当然のことながらも面積が小さくなるほど音が小さくなります。

鍵盤にかかる重みが重ければ鍵盤を押し下げるスピードを助長することにもなります。

ピアノは打楽器の要素も強いため、このような使い方とそこで得られた本質が反映されるともいえます。

どのような形にしても無駄のない合理的な正しい弾き方が必要といえます。

そしてピアノを弾く際には爪を切っておくことが求められます。

その理由として鍵盤に当たる音がすることと、聴く時にすべってしまうこと、鍵盤の隙間に挟まってしまうことが挙げられます。

ピアノの音以外の音が聞こえることで、音楽を聴いてもらううえではマイナスポイントとなってしまいます。

爪の当たるカチカチとした音はかなり耳障りと言えるでしょう。

南武線久地駅より徒歩10分。
周辺駅である溝の口・津田山・久地・宿河原・登戸からもアクセスが便利です。
レッスンは1回毎の予約制。ご都合が良いときにレッスンを受講できます。
通常レッスンにソルフェージュを導入し、音感やリズム感を養うことができます。

川崎市多摩区の堰ピアノ教室では、ピアノを演奏する(したい)方にプラスとなる情報を提供しております。

By

 

無料体験レッスン

ご入会を検討される方は、堰ピアノ教室のレッスンを無料で体験できます。

体験レッスンのご予約はページ下部で24時間承っております。

初めての方

特に準備していただくものはありませんが、レッスン時に何かご希望がある際はお知らせください。

ピアノの経験がある方

以前のお教室で使われていた曲、今弾きたい曲などをお持ちください。

上手に弾けなくても大丈夫です。

 

体験レッスンのお申し込みは以下からどうぞ

ご予約後、こちらから折り返しご連絡させていただきます。