ピアノ上達のコツ:コンサートでピアニストをよく見よう

>

南武線久地駅より徒歩10分。

川崎市多摩区の堰ピアノ教室です。

ピアノ上達のコツとして、コンサートでピアニストをよく見るという事をするのもいいでしょう。

細かい指の運び方のような所まで見ることは出来ませんが、身体の使い方や腕力の入れ方、姿勢などはコンサートでも十分に見ることが出来るようになります。

どこに力が入っていて、どこで抜いているのかというような事が分かるようになれば、自分にそれを意識してするという事をすることで、その人に近づいていく事が出来るようになります。

簡単に言えば、真似をすることが出来るぐらいになれば、その人にかなり近づくことが出来るようになるわけです。

何故そのような姿勢になるのかという事を感じる事もあるかもしれませんが、その理由を理解することが出来るようになれば、それで技術はかなり進化させることが出来るようになるはずです。

特にコンサートでは生の迫力を感じる事が出来るようになるという事が魅力です。その場で息遣いまで感じ取る事が出来るようになれば、上達はかなり見込めるようになるでしょう。

コンサートというのは一つの作品ですから、その人がどのように演奏しているのかはその場でなければなかなか感じ取る事が出来ないものです。

例えば、コンサートの始めと終わりとでは体力も異なりますから、姿勢も変わってくる事もありますし、息遣いも変わってくる事が考えられます。そうした状況に応じた演奏の違いを感じ取る事が出来るようになるのが、一つの練習だと考えても良いかもしれません。

自分ならこのように演奏するというように自分と比較しながら聞き比べるという事をしてもいいかもしれません。

自分が聞いた事がある曲であれば、それと比較してどのような違いを感じる事が出来るのかを考えて見るのもいいでしょう。すると、様々な違いがある事が分かってきます。同じピアニストが演奏していたとしても、これはその場で全く違ったものとなるという事も分かるでしょう。

もし、そのピアニストが過去に同じ曲を演奏したものがあれば、それを最初に聞いておいて、それと比較をするという事をするのも良いかもしれません。

その違いが分かるのであれば、その意図をその場で考えるようにするわけです。意図してそうしているのかどうか、などを考えて見ると、その意味も理解出来るようになってくるでしょう。

ピアニストは様々な事を考えてその場にあった演奏をしているという事もあります。

独演会のような場合であれば、自分のその時テーマに合った演奏をしているでしょうし、そうした違いを聞き取る事が出来るように練習するのも効果的な練習です。

川崎市多摩区の堰ピアノ教室では、ピアノを演奏する(したい)方にプラスとなる情報を提供しております。

By

無料体験レッスンのご案内

久地・堰ピアノ教室へ入会を検討される方は、体験レッスンをどうぞ。
体験レッスンのご予約はページ下部で24時間承っております。


初めてピアノを習う方 へ
特に準備していただくものはありませんが、レッスン時に何かご希望がある際はお知らせください。


ピアノの経験がある方へ
以前のお教室で使われていた曲、今弾きたい曲などをお持ちください。上手に弾けなくても大丈夫です。
体験レッスンのお申し込みは以下からどうぞ。
ご予約後、こちらから教室の住所(久地駅徒歩10分程度)などご連絡させていただきます。

announceimg