ピアノ初心者必見!初めての教本とおすすめの練習法

>

川崎市多摩区の堰ピアノ教室です。

ピアノを練習したいという場合には、教室に通うケースや独学で学ぶというケースがあります。

教本などを選ぶ場合には、このどちらがいいかという点が重要になるでしょう。

教室に通うという場合には、副教本としてテクニックを磨けるような教本を選ぶことが大切です。

教室なら基本的な部分においては、指導してもらうことができます。
主教本は教室側で用意してくれるはずなので、自分で購入するという場合には、副教本を選ぶといいでしょう。

独学の場合では、映像や写真などがあるタイプのものを選ぶことが大切です。

理由としては、基礎的な部分から学ぶとしても、独学の場合には正しい奏法なども自分で学ぶ必要があり、映像や写真などがあるほうがわかりやすいためです。

その他にも、音符の読み方、リズムの取り方など基礎に関して丁寧に解説している本などもおすすめといえます。

基礎ができていない状態で、演奏の難易度が上がるとうまく弾けないというような状況を防ぐためにも、基礎をしっかりと学ぶということは大切です。


おすすめの練習法としては、基礎練習を行うことと慣れるまでは片手ずつで練習してみること、そして曲の一部分を何度も反復練習してみることです。


基礎をしっかりと押さえることは、習い事にとってとても重要だといえます。

そのため、基礎をきちんと学ぶことにより、難易度が上がった時にも対処できるように基礎を学ぶことはとても重要です。

また、両手で自由に弾けるようになるというのが理想的ですが、初心者がいきなり両手でピアノを弾くというのは難しいものです。

最初は無理をせずに片手ずつから慣らしていきましょう。


その他にも、曲に対して一部分だけをできるまで何度も弾いてみるということも大切です。

曲全体をスムーズに弾くためには、一部分を何度も弾いておき安定した演奏ができるようにしておいたほうがいいケースもあります。

一気に曲全体が弾けるようになるわけではないため、まずは一部分ずつ着実に弾けるようにしていくことから始めましょう。

ピアノをうまく弾けるようになれば、趣味としても成り立ちます。

人によってピアノを弾けるようになる目的なども違いがありますが、少しずつでも上達していくことにより、自身のモチベーションも上がることでしょう。

継続していくことが上達への近道にもなります。

スクールに通う、独学をするなどどちらを選択してもかまいませんが、継続していくことを意識しておくことが大切です。


南武線久地駅より徒歩10分。
周辺駅である溝の口・津田山・久地・宿河原・登戸からもアクセスが便利です。
レッスンは1回毎の予約制。ご都合が良いときにレッスンを受講できます。
通常レッスンにソルフェージュを導入し、音感やリズム感を養うことができます。

川崎市多摩区の堰ピアノ教室では、ピアノを演奏する(したい)方にプラスとなる情報を提供しております。

By

無料体験レッスンのご案内

久地・堰ピアノ教室へ入会を検討される方は、体験レッスンをどうぞ。
体験レッスンのご予約はページ下部で24時間承っております。


初めてピアノを習う方 へ
特に準備していただくものはありませんが、レッスン時に何かご希望がある際はお知らせください。


ピアノの経験がある方へ
以前のお教室で使われていた曲、今弾きたい曲などをお持ちください。上手に弾けなくても大丈夫です。
体験レッスンのお申し込みは以下からどうぞ。
ご予約後、こちらから教室の住所(久地駅徒歩10分程度)などご連絡させていただきます。

announceimg