大学院リサイタルシリーズ~名曲に思いを寄せて~

>

川崎市多摩区の【堰ピアノ教室】です。

 

今日は演奏会のお知らせです♪

 

9月24日に在学している洗足学園音楽大学にて演奏会があります。

 

大学院リサイタルシリーズ~名曲に思いを寄せて~

2016年9月24日(土)

場所:洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン 1階

開場:12:45

開園:13:00

 

大学院リサイタルシリーズといいまして、これらは、大学院生がプログラムを自分で考え、企画・運営をすべて自分たちの手で作り上げる演奏会となっております。

 

この度の演奏会では、

アルベルト・ヒナステラ作曲 ピアノソナタ第1番 Op.22 全楽章

アルベルト・ヒナステラ作曲 ピアノソナタ第3番 Op.54

 

を演奏します。

 

この2曲はヒナステラの作品の中でも特に思い入れのある作品です。

 

1番のソナタは、過去に第1楽章と第4楽章は演奏しました。

第2楽章・第3楽章はその当時はレパートリーとして持っていませんでした。

 

大学院に入り、ヒナステラの曲について研究しようと思ったときに、ヒナステラの作曲技法(この曲では十二音技法)を知るうえでは欠かせない曲という事がわかり、この度プログラムに組み込むことにしました。

 

3番のソナタは、ヒナステラ生涯最後の曲です。

過去にヒナステラが作曲した曲の中で、一番難しく、難解な曲となっております。

というのも、このソナタを作曲していたころのヒナステラは、病に侵されていました。

迫りくる死への絶望と病気の苦しみが表現されたかのように、不協和音がffで鳴り響く曲となっております。

 

ちなみに、この第3番のソナタを作曲したのが、1982年9月25日でした。

作曲からほぼ34年経った日に、この曲を演奏することにとても運命を感じました。

また、今年は、ヒナステラ生誕100周年の年でもあります。

 

まだ亡くなってからそれほど年月が経っていない作曲家ではありますが、今回の演奏会でヒナステラの音楽の魅力を存分にお伝えできればいいな、と思っております。

 

是非お越しくださいませ。

 

 

無料体験レッスン

ご入会を検討される方は、堰ピアノ教室のレッスンを無料で体験できます。

体験レッスンのご予約はページ下部で24時間承っております。

初めての方

特に準備していただくものはありませんが、レッスン時に何かご希望がある際はお知らせください。

ピアノの経験がある方

以前のお教室で使われていた曲、今弾きたい曲などをお持ちください。

上手に弾けなくても大丈夫です。

 

体験レッスンのお申し込みは以下からどうぞ

ご予約後、こちらから折り返しご連絡させていただきます。